ななぶん第三号 感想

『Vladmira』 戸松秋茄子

 単なるハッピーエンド、あるいは単なるバッドエンドではなく、筋は通っていてこれが最善のような気もするんだけどすべてが円満なわけではない終わり方、こういうところに作者の関心があるのだろうというのは、第一号からも読み取れるような点です。わかりやすい救いが存在しないような世界で、何もかも全部投げ出して終わりにしたいという気持ちがありながらもなんとか正しそうに思える行動を取るというのは、なにかしら重要そうだという直感は僕にもあります。もちろん、根拠がなくても善く生きるべきなのはなぜかという根拠は原理的に絶対わからないものなのですが……(この意味で、神は理性的に要請されるものだというのもわかる気がします)。
 それにしても本作はなかなか感傷的な描き方がなされていて、多少意外に感じるところもあります。心の揺れ動きに関するイメージとしては同作者のブログにある『ひとりごっこ』に近い何かを感じるようなシーンがいくらか見られるような気がしました(読んだのは結構前のことなので間違っているかもしれませんが)。たぶん、人とコミュニケーションを取ることはこの世の問題から少し目をそらす方法の一つであって、それがうまく出来ないキャラクターというのはこうなるのではないかという点が似通っているのではないかと思います。
 野球の描写満載ですし、そのへんはやりたい放題だなと。野球に詳しくない状態で読んだらどんな印象を受けるのか気になります(僕にはもう無理な話ですが)。あと名前的にバレンティ……が思い浮かんだりしたけど彼は頭文字がVではなくWですねなどとどうでもいいことを思ったり。さらに横道にそれると、作者が巨人ファンだったか阪神ファンだったかいつもわからなくなります。大阪の人というイメージが強いので虎党のイメージが入り込んでくるのですが、もし巨人ファンじゃなければ巨人ファンというイメージが混ざる余地がないからたぶん巨人ファンなんだろうなと思っています。(※あとがきに巨人ファンと書いてありました)

『蝶の羽ばたきのその後で』 辻城友兎

 長さの関係からか説明的にならざるを得ない感じだったのはちょっと残念ですが、アイデアが面白いしafter storyというテーマをうまく使えていると思いました。しかしこのafter storyというテーマはおしゃれに書こうとするとどうしても悲しい感じの話になりがちなのではないでしょうか。当然afterの前には何かメインのものがあったわけで、あえてメインではないものを描写するとなるとどうしてもそこに屈折したものが出てきそうだなと。ある意味それが僕らの人生というわけでもあるのかもしれませんが。

『エンドロール』 瓜羽

 料理に詳しくなさすぎてどの材料がどういう役割に当てられているみたいなことがさっぱりわからないすね。ううむ。しかしまたこれは全力で突っ走っているというかなんというか。ドラマとかそんな時間にやってるものなのかわからないし、そういえば料理番組も見たことがない完全に異世界。世の中にはこんな世界もあるのかみたいなよくわからない感想になりました。

『あめだま』 布乃々子

 一読して叙述系のトリックを疑ってしまい、慌てて読みなおすなどしてしまいました。いけませんね、どの作品にも仕掛けを疑う精神。
 一応悲しい話ではあるのかな。僕は正直あまり現在のものとかことにこだわる方ではないので、作中で一番悲しそうなキャラクターがあまり悲しそうな状況にあると思えないのですね。一方で思い出を大事にするような過去志向みたいなのも、なるほどそういうのがありえるのかという感じでして、世の中いろいろな感性があるのだなぁという感じになります。

『死神さんのノートと終わりの世界』 藍上踊

 こういう自意識ムンムンの小説最高じゃないですか。最高ではないですか。でもこれ商業誌でやられたらたぶん僕はあまり好きにならないんでしょうね。突然ですが僕は『Angel Beats!』を全く評価していません。でも今見直したら変わるかも。藍上さんの鬱屈が作品をまたいで登場する「ギフテッド」に込められているとするのは考えすぎでしょうか、僕の鬱屈を混ぜすぎでしょうか。僕はすぐいろんなことに「なにもわからない」と言ってしまいます。でももしかしたら物語を作れるのかもしれないなんて。はじめまして、自意識です。
 落ち着いて考えると、やっぱり技量が足りてないんじゃないかなと思います。やりたいことはわかる気がするけど。でも技量が高まったからってどうということでもないような気もします。とするとどうしようもない話をしようとしているのではありませんか。語れないことを語ろうとする、それはやはり語れるものをできるだけ列挙していって自然と語れないものが浮き彫りになるのを待つという営みなのかもしれませんね。作品に引きづられて感想も意味不明になってしまいました。

『ブルーフェイス事件のあとがき』 伊佐奈秋弥

 これはまた味がある感じで、主人公を失った主人公の振る舞いにスポットが当たるとは。after storyと言って暗い話を思い浮かべる人が多いみたいですが、この作品だと割と純粋な感じで「物語の再構成」みたいになっていませんか。after storyをそういうふうに解釈することもできるはずで、素直に良い感じだなと思いました。でもやっぱり少し話がとっちらかってる印象を受けまして(怪談部分とか実は具体的な内容描写いらないのではとか)、僕みたいな人間はもっと主人公だけに描写を絞って自意識バリバリでうぉーみたいなのが好みだったりします。まぁこれは好みの問題ですかね。
 無粋とはわかっていながら言いますが、もしかして132ページ上段12行目は的じゃなくて敵ですか。

おわりに

 第一号、第二号ではあまりテーマに沿った読み方ができなかったので今回はかなり意識しました。after storyですよafter story。でもやはり藍上さんとは一つ世代が違う感じなのでしょうかね。あるいは僕があまりそっち方面への興味がなかったというだけなのかもしれませんが。でもafter storyと聞いて僕が真っ先に思い浮かべるのは、物語が終わってすべての価値という価値に根拠がなくなってしまう世界ではあるのです。大きな物語の終焉とかそういうイメージです。価値はある、価値があるっぽいものはあるのですが、その価値の根拠が無い。僕は今の世界がそんな感じに見えるときがあるのです。そんな中では、やはり個人が物語を生み出していくしかないのではないでしょうか。そして僕はまだ現実の上で物語を生み出すことを諦めてはいません。いつか諦めるときが来たら、そしたら紙の上に物語を作り始めるのかもしれません。
 大変面白いアンソロジーでした。どうもありがとうございました。

ななぶん第一号感想(第三号直前に書いたもの)
ななぶん第二号感想(一年前に書いたもの)
ななぶん第三号感想(この記事)